『はじめての木版画』   

c0147705_10322287.jpg
『京都・竹笹堂のはじめての木版画 かわいい雑貨をつくる本』
竹中健司著 光村推古書院
定価:2,100円(税込)

「京都という街を木版画で表現できたらなぁ.....」と想う方も多いハズ。
そんな方に朗報ですemoticon-0171-star.gif
手摺り木版竹中木版の五代目、
竹中健司さんによる木版画入門書。
木版のルーツである木版のスタンプからスタートし、市松模様のポチ袋や千鳥柄の封筒の作り方などなどを豊富な写真で解説emoticon-0102-bigsmile.gif
これを読むと、木版画の世界が身近に感じられるようになりますemoticon-0159-music.gif
[PR]

by wordweb | 2011-06-09 11:59 | 京都日記

<< 『京都ぼちぼち墓めぐり』 [作品紹介]『ファッション・建... >>