カテゴリ:骨屋町IT新聞( 5 )   

イイダ傘店の受注展示会にいってきました   

週末ひさびさに恵文社一乗寺店を訪れました。ギャラリーアンフェールをのぞくと、かわいらしい日傘の展示をやっています。毎年、春と秋に恒例となっているイイダ傘店による展示受注会でした。

このイイダ傘店の傘は、蒼井優ちゃんなんかが撮影の小道具として使っていたりもするそうで、素材や刺繍などのつくりにもたいへんこだわっています。東京や京都、福岡など、限られた場所でそれぞれ1週間だけの展示受注会をおなっていて、オーダーできる機会はほかにありません。ホームページでも受け付けていますが、それも期間限定で、ある時期の1週間だけだそうです。春の日傘の受注展は12日の月曜日でおわってしまいました。でも秋にはこんどは雨傘が登場します。たのしみです。

ミシンを入れたDMのデザインが手づくり感にあふれていてすてきでした。また展示では傘の絵柄のモチーフを使ったミニぬりえがもらえて、これも二種の糸を使って背をミシンで縫って中綴じ製本していました。モチーフはポストカードにもなっていて、気に入った食パン柄のものを1枚、おみやげに買って帰りました…

くわしくはイイダ傘店のホームページでどうぞ。
[PR]

by wordweb | 2010-04-13 12:26 | 骨屋町IT新聞

天神川ぞいのさくらを撮りました   

c0147705_1115071.jpg
春ですねえ。
[PR]

by wordweb | 2010-04-08 11:02 | 骨屋町IT新聞

七葉のクローバー   

c0147705_10585722.jpg
絵事典の監修でお世話になっている栗岡先生から、おどろきの写真が送られてきました。
なんと、七葉のクローバーです。
五葉の花言葉は「経済的繁栄」、六葉は「名声」、七葉のクローバーは「無限の幸福」だそう。
四葉よりたくさんのクローバーがあるというのは、これまで考えてもみませんでしたが…

先生が校長を務める明石北高等学校ではtwitterを活用しているとのことで、きょう(4月7日)の日経の夕刊に取り上げられていました。公的な「つぶやき」増殖、との記事です。

明石北高のアカウントはこちら http://twitter.com/meihoku

先生に監修いただいた書籍はこちら
http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-68777-3

こちらもおすすめ! http://www.amazon.co.jp/dp/4343005577
[PR]

by wordweb | 2010-04-08 11:01 | 骨屋町IT新聞

Googleマップストリートビューが日本でも!   

地図の検索が便利なGoogleマップには、道路上の風景を360°のパノラマで表示できる「ストリートビュー」という機能があり、アメリカではすでに実施されていました。そのストリートビューがとうとう日本にも上陸、東京や大阪はもちろん、京都でも市街地のほとんどで利用可能になっています。
c0147705_12254778.jpg

ワードの京都オフィスはこちら。東京オフィスはこちらです。
写真をマウスでつかんでうごかせば、風景をあらゆる角度でみることができます。もちろん地図と同じようにズームもできます。
(リンクだけでなく、ストリートビュー画像もそのままブログに貼り付けることができるのですが、エキサイトブログは対応していないようです)

打ち合わせの集合場所などをストリートビューで表示して、そのリンクをメンバーにメールで伝えておけば、迷うことも少なくなるかもしれませんね。
[PR]

by wordweb | 2008-08-05 12:16 | 骨屋町IT新聞

インターネット利用、携帯からがパソコンの1.5倍   

ミクシィの2007年度決算、売上高が100億円を突破し増収増益という記事がありました。国内最大のSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)「mixi」の笠原社長は、フォーブスが5月7日に発表した「日本の富豪40人」にランクインして話題になったばかり。ユーザー数が1,400万人をこえ、サービス面では「そろそろ頭打ち」とか「厭きた」というユーザーの声もちらほら聞こえてきていますが、ビジネスとしてはまだまだ成長中のようです。

この記事でおどろいたのは、売上げの数字ではなくて、
月間ページビューはPC経由が約54億、携帯電話経由が約83億と順調に拡大
というところ。携帯電話経由がパソコンの1.5倍もあるとは、知りませんでした。調べてみると、インターネット利用に関しては2005年末時点ですでに逆転の現象が起きていたそうで(総務省調査、携帯からのネット利用がパソコンを上回る)、mixiに限らず、すでに一般的な流れのようです。

また、最近の女子中学生の携帯の使い方という記事には、
・パケホーダイじゃない子はほとんどいないのでは
・通話はほとんどしない
・Softbank の子は例外で、家に着いた途端彼や友達と通話しっぱなしにする。しゃべらないで、ゴソゴソとか音だけを流してるぽい
・mixi は年齢を 18 歳と詐称してやってる子も多い
・1 日 100 通くらいメールしてる
などとあり、最近の若い子はさぞかし親指が進化してるんだろうなあ、という感じです。携帯電話の貧弱なインターフェイスをよくそこまでがんばって使うなあ、と。でも相手によって言葉遣い変えます、携帯メールの新ソフトというオムロン発のニュースには
「さ」と入力すれば、春なら「桜」、冬は「サンタクロース」などの変換候補が上位に出てくる。送信相手を「恋人」「上司」などに登録しておけば、「ありがと●(●はハートマーク)」「ありがとうございました」など、立場に合わせた言葉遣いを提案してもくれる。

新ソフトは季節や時刻にあわせて表示する。また文中で「昨日」を使えば文末を選ぶ際「でした」「だった」などの過去形表現が上位に。悲しい内容のあとには泣き顔の絵文字を表示するなど、文脈を判断する機能もある。
ということで、ますます使いやすくなっていくようです。携帯電話はどんどん進化しているのだなあ、というお話でした。
[PR]

by wordweb | 2008-05-15 17:30 | 骨屋町IT新聞