<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

あの手 この手   

滋賀県立近代美術館で開催されている「生誕100周年記念 ブルーノ・ムナーリ展 あの手この手」に行ってきました。
ブルーノムナーリ(1907〜98)は、私の尊敬するデザイナーの一人です。今回の展覧会は、彼が携わった本を中心に展開されていました。個人的にはグラフィックやプロダクトデザインなど、もっと他の作品も見たい気持ちもありましたが、実際に絵本を手に取って見ることもできたし、「話すフォーク」や「ネガティヴ・ポジティヴ」なんかもあったし、いやぁ、結構お腹いっぱいになりました。一緒に連れて行った下の子どもも、行く前はまた美術館か…という感じで、あまり気の乗らない様子だったのですが、エントランスにある大きい絵本で心をうばわれ、最後まであれやこれやと楽しんでいました。
c0147705_1514021.jpg

そんな中で印象に残ったのは、やはり絵本。ムナーリは、5歳になった息子にプレゼントするいい絵本がなかったので、自ら絵本制作を始めます。先にも書きましたが、そのようにして創られた絵本9冊を、実際に手に取って見ることができました。それらの特徴は、どの本にも主人公がおらず、ページごとに大きさや形のちがう紙が貼られ、それを読者である子ども自身が開けていくことで、物語が進んで行きます。子どもが考え想像しながら、自らの手で物語を進めて行く、そんな楽しさがムナーリの絵本にはあると思います。
c0147705_151419100.jpg

ムナーリはグラフィックデザイン、プロダクト、玩具など多彩な分野で活躍した人ですが、どの作品も見る人を楽しませてくれます。気高くもなく、こびるわけでもなく、常に同じような目線で創られた作品は、愛着を感じ、素直にその中にあるメッセージを感じ取ることができます。彼は「デザイナーとは世の中の人々のために役立つアートを生み出す職業」だと言っています。彼の作品を見ていると、お決まりの規則や体系にしばられてしまったものから、もっと自由な発想と好奇心で見つめなさいと言われているような気がしました。(D-ryo)
[PR]

by wordweb | 2008-06-21 15:17 | デザインな日々

チンクエチェント   

2007年7月、FIAT500(チンクエチェント)が誕生してちょうど50年目の年に新型のFIAT500が発表されました。そのデザインは旧型のイメージを活かしながら、斬新でかつキュートなものに仕上がっています。さて、その他の細かい情報はさておき、ここで取り上げたいのはその発表イベントについてです。そのイベントの模様は fiat500.com で見れますが、なんたってそのスケールのでかさにビックリ!車1台のためにここまでやるか!という盛り沢山の内容でした。
c0147705_322885.jpg

FIAT500といえば、初代が登場したのが1957年。イタリアでは今だに旧500が現役で走っているというほどの国民的車です。日本ではルパン三世の愛車としてファンも多いはず。もちろん、その他にも世界中で愛され続けた名車とあって、今回の新型の発表は大変注目を浴びていました。しかし、このイベントの目的はそれだけではなく、FIAT500の発表と同時に、新たなFIATブランドを世界中にアピールするためのイベントだったと思うのです。そのために、FIATは新しいブランドを象徴するものとしてこのFIAT500を位置づけ、100年以上に及ぶFIATの歴史を再評価し、さらに新しいことへ挑戦するというブランド価値を創り出そうとしています。
c0147705_3214663.jpg


一方、日本の自動車市場というと、手詰まり状態が続き、販売店はどこも苦しい状況なのだとか。メーカーの方は、トヨタをはじめ海外では好調のようですが、最近はこの円高のあおりを受けてWパンチ。世界に誇る日本の車はどうなってしまうのでしょう。
日本は“モノ”づくりにおいては、世界でトップクラスですが、今やOEMなどでその高い技術の製品が、世界中でつくられるようになりつつあります。もはや技術や性能だけではなく、その“モノ”に“ブランド”としてさらなる付加価値をつけられるのかどうかを考えなくてはならないのです。売れるデザインをするではなく、“ブランド”としてのカタチを“デザイン”することが望まれているのではないでしょうか。
次回は「ブルーノ・ムナーリ生誕100周年展」をレポートします。まだまだイタリア続きます!(D-ryo)
[PR]

by wordweb | 2008-06-14 03:31 | デザインな日々

【頑固一筆!】京都への誤解(2)   

「一見さんお断り」

 昨年11月発売の『ミシュランガイド東京2008』が評判になったことで、京都版をつくる予定があるらしい。ただ、掲載を断る店もあると聞く。
 ミシュランに限らず、ガイドブックなどに取り上げられるのは、店にとって有り難いことばかりではないからだ。事実、ある料理雑誌が、『ミシュランガイド』の掲載店に対して、「ミシュランに載って何が変わったか」をアンケート調査したところ、「携帯などで料理を撮影するお客が増えた」「当日キャンセルが増えた」などのマイナスの回答が少なくなかった(毎日新聞6月4日付朝刊)。有名にはなったが、迷惑なお客もそれだけ増えたということだろう。
 予約が取れない、雑然としてゆっくり食事を楽しめないとなると、従来からのお客の中には、敬遠する者も出てくる。いずれブームが去ったときに、馴染み客がいなくなっていたのでは大変だから、京都では、馴染み客に気持ちよく食事をしてもらい、また足を運んでもらうために、紹介のないお客を断る。「一見さんお断り」はそうしたおもてなしの心のあらわれで、知り合いに紹介してもらって一度でも店に行けば、次からは立派なお馴染みさんである。(ひ)
[PR]

by wordweb | 2008-06-13 15:27 | 頑固一筆

[作品紹介]一枚の紙で折る 京連鶴   

『一枚の紙で折る 京連鶴』
富田瑞穂著 PHP研究所 定価:1,300円(税別)

一枚の紙に切りこみを入れ、2羽以上のつながった鶴を折る「連鶴」。本書では江戸時代に考案された伝承の連鶴とともに、京友禅和紙を使って自由にアレンジした、オリジナル作品もふんだんに収録。一見すると複雑な連鶴の折り方を、「羽」と「羽」、「くちばし」と「尾」など、つながる部分によってわけて紹介しているので、初心者でも気軽に取り組め、高度な作品へとステップアップできる。連鶴について楽しくわかりやすく学べる、内容の濃い1冊。

【編集者より】
「はじめての方にもわかりやすく!」をめざして構成しました。また、連鶴にかんするエピソードや、連鶴体験記などの読みものを掲載したのもポイントです。連鶴づくりのあい間(?)にひと息ついていただけたら……と思います。
[PR]

by wordweb | 2008-06-11 09:38 | 作品紹介

カロッツェリア   

みなさんは「カロッツェリア」という言葉を知っていますか? そう、あのパイオニアのカーナビ…じゃなくて、イタリアで車のボディのデザイン・製造をするメーカーのことです。「ピニンファリーナ」や「ザガート」、「ベルトーネ」など、車に詳しくなくても、なんとなく名前を聞いた人もいるのでは?。
つまり、イタリアでは車のデザインを専門に請け負う会社があって。そこでは、世界をリードする車が次々と創り続けられています。カロッツェリアのデザイナーたちは馬車職人の伝統技術(馬車から自動車へと以降する時には、馬車職人が自動車のボディを作っていた)を受け継ぐ職人であり、最新技術をもったエンジニアでもあるのです。ただ単にデザインをするのではなく、車作りの伝統と技術をふまえて、さらにそこに新しいエッセンスを加えることで、本当にいいものを作る、これがイタリアのデザインの元となっているのではないでしょうか。
しかし、今年に入って、超有名なカロッツェリアが経営難に陥っているというニュースが立て続けにありました。その中で、破産手続きを進めているというベルトーネというカロッツエリアは、イタルデザインの創設者であるジウジアーロなど、いまやイタリアの大御所デザイナーたちを輩出したカロッツェリアで、なんだかとてもさみしい気分です。やはり、自動車社会を取り巻く時代の流れには逆らえないのでしょうか。

さて、カロッツエリアが最も活躍した、敗戦後の混乱期から経済復興を歩む過程で、イタリアではデザインというものが非常に重視されました。それを象徴するのに「コンパッソドーロ」があります。日本で言うグッドデザイン賞にあたるものでしょうか。「コンパッソドーロ」とは黄金のコンパスを意味しており、黄金比を作成するのにかかせないコンパスをモチーフにしているんですね。賞の名前もおしゃれ〜。では、次回は1959年にそのコンパッソドーロを受賞したFIAT500について書こうと思います。
[次回へつづく](D-ryo)
[PR]

by wordweb | 2008-06-07 14:17 | デザインな日々

赤ちゃん2題   

2007年の合計特殊出生率は1.34と出たようです。
およそ80年前、1925年の合計特殊出生率は5.11。
それよりさらにさかのぼって、19世紀末のことになりますが、
夏目漱石は、妻の鏡子さんとの間に2男5女をもうけています。
鏡子さんは、7回(死産も含めるとそれ以上?)のお産を経験しているんですね。
つい、「さん」づけになってしまうほど、

すごいわ……056.gif056.gif056.gif



文豪とその子女、といって次に思い出すのは森鷗外。
2度の結婚で3男2女をもうけています。
子どもたちの名前。
 長男:於莵(オットー)
 次男:不律(フリッツ)
 三男:類(ルイ)
 長女:茉莉(マリー)
 次女:杏奴(アンヌ)

娘の同級生たちの名前も
洋風、感覚風、ガンダム風…と、非常にバリエーションに富んでいます。
我が娘の名前も、難読名のひとつだそうです。
子の名にさまざまな思いを込めるのは
今も昔も変わらぬ親心、ということでしょうか035.gif053.gif



現在製作中の書籍は「赤ちゃん」がテーマ。
小学生へ向けて、
赤ちゃんって、おなかの中ではどんなふう? とか
○○歳くらいではどんな遊びが好き? とか
お産ってしんどい? 
少子化って? …などなど、
さまざまな角度から「赤ちゃん」について考えてもらうものです。

どういう切り口で説明しようかと思案するうち、
いろいろ考えをめぐらすことになりました。
出産@フランスについては、折がありましたらまた。

(ま)さんよりご指名いただきました、東京(了)でございました040.gif056.gif
[PR]

by wordweb | 2008-06-05 13:11 | 東京・半蔵門通信