<   2008年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧   

タテとヨコ   

先週の企画会議で(唱)さんが「タテヨコ問題」と題して、ゴマブックスから発刊されている「名作文学」シリーズを取り上げて発表してくれました。その後で、どうしても気になってモヤモヤしてしまっていることがあります。(唱)さんの資料によると、「人間の目はよこ並びなので、よこ方向の視野が広く、ピントも合わせやすいので、読みやすいのはヨコ書きだという見解がある」とのこと。なるほど、他の動物でもたて並びの目を持っている動物って、創造しただけでも気持ち悪い。この世界では、たて方向よりよこ方向に移動するのが多いから、よこ方向が視線の自然な動きだとすれば、ヨコ書きのほうが読みやすい、ということになる。事実、世界中の多くの文字がヨコ書きになっている。

じゃあなぜ、日本人はわざわざ読みにくいタテ書きを使っていたのか? 日本語がヨコに書かれ始めたのは開国後の明治になってから、実際に広まったのは戦後といってもいい。日本に漢字をタテ書きで伝えたとされる中国も韓国もヨコ書きで書かれることが多いと言うのに…。そもそも漢字(元は甲骨文字)を書いたひとはなんで、タテで書いたのか? 「ちょっとこれ読みづらいんちゃうん」と誰も言わなかったのか?

いろいろ調べてみた結果、文字に関することは見つけることができましたが、タテ書きかヨコ書きかという、書き方の起源のような内容についてはまったく見当たりませんでした。

でも一つ気になった記事を見つけました。それは「博報堂生活総合研究所」の「生活新聞(2004.5 No.395)」。テーマは「タテ書き」「ヨコ書き」「パソ書き」。タテで書いたとき、ヨコで書いたとき、パソコンで書いたとき、それぞれどのような違いがあるのか、というものでした。その中の実験結果を紹介します。

1.語られている内容の違い
タテ書きは、社会と自分との関係を意識している。自分の気持ちを抑え気味
ヨコ書きは、次々に心に浮かぶことをそのまま書き綴っている
パソ書きは、決意とともに明るい展望、または具体的な目標が結びの部分で語られる

2.文体、言い回しの違い
タテ書きは客観的、
ヨコ書きは私的、
パソ書きはちょっとエンターテイメント
など

そう言われてみれば、こうやってブログを書いているときと、ペンを持って書いているときと内容こそ違うけれど、文章の雰囲気も違っているような…。そして、この実験結果が正しいのなら、タテ書きの文章そのものが日本人っぽいような気がします。というより、タテ書きで書いていたから日本人らしさが生まれたのか? とにかく、日本人とタテ書きは切っても切れない関係なのではないでしょうか。

日本語は、漢字とひらがなとカタカナ、さらには数字や英語。文字組もタテとヨコがあって、ほんとに複雑で難しい。この仕事をしていて、いつになったらうまく文字が組めるようになるのか。もしかしたら、永遠に正しい文字組なんて見つからないのかも…と思ってしまいます。でも、複雑だし、難しいからおもしろい。日々試行錯誤を重ねながら仕事をするのは楽しいですよね。(D-ryo)
[PR]

by wordweb | 2008-09-19 23:35 | デザインな日々

イチローの快挙   

 イチローがメジャーで8年連続の200本安打を達成した。メジャー2人目の記録だそうだが、初代のウイリー・キーラー選手の記録はルールもレベルも違う100年以上も前の話。実施的にはイチローが初といえる。
 彼がオリックスでデビューしたときの印象は鮮烈だ。安打製造機の異名をとり、面白いようにヒットを打っていた。こちらはライバルの近鉄ファンだったから、悔しい思いをずいぶんしたが、あそこまでいくと、かえって痛快で拍手を送りたくなったものだ。その天才・イチローも、土井監督時代には不遇だった。身体の線が細いのと振り子打法が気に入られず、1軍と2軍の間を行ったり来たりしていた。
 幸いだったのは、土井監督が成績不振ですぐに解雇され、仰木監督に代わったことである。イチローの才能を見抜けない監督だから、成績を上げられるはずもないのだが、次が来た仰木監督がイチローを評価して抜擢したことで、才能が開花した。
 仰木監督は近鉄時代、野茂英雄投手のトルネード投法をいじったりせずに自由に投げさせて、活躍を後押ししたことでも知られる。その後、野茂は仰木後の監督から投法の修正を迫られ、近鉄を飛び出してメジャーに渡った。今年引退したが、最後までトルネード投法にこだわりつづけたのは、いかにも野茂らしい生き様だった気がする。
 横並びと前例主義が根強い日本では、イチローや野茂のような異能・異端の人間は評価されにくい。もっとも、これは保守的な徳川政権が300年以上も続いたことによる気質だそうだ。そういえば、織田信長は前歴にかかわらず秀吉や光秀など有能な人材を抜擢したし、室町時代には佐々木道誉ら婆沙羅大名が跋扈していた。中央集権をそろそろ見直す時期であろう。
[PR]

by wordweb | 2008-09-19 11:29 | 頑固一筆

[作品紹介]和菓子の絵事典   

c0147705_1647639.gif『見て、知って、作ってみよう 和菓子の絵事典 五感で味わう「和の文化」』
俵屋吉富/ギルドハウス京菓子京菓子資料館監修 PHP研究所 定価:2800円(税別)

美しい色や形、ほのかな香りや味わい、印象的な菓銘など、和菓子には日本の美意識が凝縮されています。お抹茶といただく主菓子(おもがし)だけでなく、年中行事と結びついた和菓子や、まんじゅう・もちといった身近な和菓子まで、美しいイラストとともに紹介。それぞれの由来や特徴、かんたんにチャレンジできるレシピなど、和菓子への興味と理解を深められる1冊です。
[PR]

by wordweb | 2008-09-18 16:32 | 作品紹介

事故米の流通   

 三笠フーズが転売して大儲けをした事故米詐欺事件は、さらに拡大しようとしている。ういろうで有名な名古屋の青柳総本家の和菓子に事故米が使われていたことが判明した一方で、奈良の転売業者の店主が自殺して亡くなった。
 食品の産地偽装、食品偽装が次々に明るみに出て、商品としてのモラルハザードを問われる事件が相次いでいたが、それらはうなぎや牛肉、鶏肉など、副食レベルであったのに対し、今回は日本人の主食である米が偽装されていたことになる。カネが儲かりさえすれば、何をやってもよい。自分さえトクをすれば、他人がどうなろうと知ったことじゃないという風潮が蔓延し、人間の口に入り、最も安全を重視すべき食べ物にまで及んでいる現状に愕然とせざるを得ない。
 中国で粉ミルクにメラミンが混ぜられ、それを飲んだ3人の乳幼児が死亡、6千人以上が治療を受けたというニュースが報じられたが、日本も同じようなものである。監督すべき農水省も業者ともたれあっているから、内部告発が1年以上も前にあったにもかかわらず、形だけの検査で済ませていたのだろう。官僚のモラルも地に堕ちたものだ。本格的な政権交代が行われないまま、だらだらと自民党支配を甘んじて受け入れてきたツケがここにきて一挙に噴き出してきた気がする。
[PR]

by wordweb | 2008-09-18 10:03 | 頑固一筆

「冒険王」―横尾忠則展回想(兵庫県立美術館 08.08.23)   

(唱)です。UPが遅くなってすみません。
c0147705_19472511.jpgまたまた、同郷の友人(京都在住)と行ってまいりました。高校卒業以来の友人(神戸在住)との再会も楽しみで、遠足気分で(ガムなんか食べながら)出かけました。

JR灘駅から、歩くこと約10分。六甲おろしにふかれて、髪型が変わりつつ、兵庫県立美術館に到着しました。
安藤忠雄氏デザインの、コンクリ打ちっぱなしの巨大な倉庫のような建物です。なぜかツタがちょっぴりからんでいました(「やさしさ」を表現?)。
中に入ってから、数年前に来たことがあると気付きました。が、それまでは新鮮に大はしゃぎできてました(年をとるってのはいいことですね)。気を取り直して…… 
横尾忠則さんについての情報はHPをどうぞ。
冒険王につきましてはこちらを。

会場に入ってすぐ、暗い雰囲気の絵画作品が並んでいました。
横尾さんは、Y字路のある風景にこだわり、描き続けているそうです。
「右か左か……」何だか絵の中から決断をせまられているような圧迫感がありました。

さらに、怪奇映画のポスターのような、悪い夢の続きのような作品が続きます。鮮やかなのにどこか陰のある色彩。叫ぶ女性、子宮の中の胎児、片目の見えないライオン、骨をひろう海女さんたちなど、さまざまなアクの強いモチーフが組み合わされ、ひとつの絵の中に共存しています。近づいて、離れて見入ってしまいました。作品には解説付きのものもありましたが、理解がおよびませんでした。横尾さんにしかわからないであろう、壮大なストーリーがあるのだと思います。神話のような感じで。

会場は、泣き叫ぶちびっ子もあり、「あらやだ」とちょっぴり気まずい思いのおばあちゃんありでにぎわっていました。「リアルなイラストだなあ」と思って顔を近づけると、写真をコラージュしていたり、本物のボタンが縫いつけられていたりしました。

平凡パンチなどでおなじみの線画のイラストも、たくさん展示されていました。似顔絵は、微妙な笑いじわまで描かれていて、感情が伝わってくるようでした。名前も付けられていない小さなイラストも、「Tシャツにしてえ!」と思うほどハイセンスでした。

そのほか、夢日記やルソーの絵をアレンジしたものもおもしろかったです。近年の作品も展示されており、70代とは思えない巨大でパワフルな作品たちに圧倒されてしまいました。
最初から、最後までこゆいこゆい展示で、作品点数もかなり多く、なんだか、海水浴と遊園地とサーカスをはしごした帰りのような疲労感がありました(したことないですが)。
出口付近にガチャポンがあり、ついついやってみたら、あたったのは……
c0147705_19475796.jpgギャー(!)もっとかわいいやつもあったのに……。でも、神々しい感じかも。魔除猫だそうですよ。

とまあ、まさに冒険で、楽しかったです。
気になるものにとことんこだわること、アイデアやつくったものなど、どんな小さなものでもきっちり記録・保存しておくこと、いくつになっても作品を生み出そうという意欲を持つことなど、「ものづくり」に大切なことも、ちりばめられていたように思います。

072.gifその他兵庫県立美術館情報072.gif
レストランは海(港)が見えて、お料理もおいしかったです(少し高め)。ちびっ子が走り回れるようなデッキスペースもありました。ミュージアムショップが広くて、アート系かわいいグッズがたくさんあります。散財にご注意ください。
[PR]

by wordweb | 2008-09-17 19:53 | 美術館・博物館めぐり

[作品紹介]子どもが喜ぶ! かわいい「おりがみ手紙」   

c0147705_1062982.jpg『子どもが喜ぶ! かわいい「おりがみ手紙」』
髙木 智著 PHP研究所 1,300円(税別)

おなじみの手紙折りから、どうやって折るの?とワクワクするような形など、おりがみをつかった、いろいろな手紙の折り方を紹介。ちょっとしたメッセージも、折り方ひとつですてきな贈りものに大変身! 親子だけでなく、おじいちゃん、おばあちゃん、ご近所さんやお友だちへ、おりがみ手紙に気持ちをこめて届けましょう。

【編集者より】
小さい子にもわかりやすいように、作品を菓子箱いっぱいになるほど折って、折り方をチェックしました。親子や仲良し同士でワイワイと折って、楽しい時間をすごしてほしいです。
[PR]

by wordweb | 2008-09-17 10:10 | 作品紹介

H&M騒動   

 東京へ出張していて、1週間ぶりのこのコーナー。その東京で先週の土曜日、世界3位のカジュアルウエアメーカー・H&Mの日本第1号店が銀座にオープンした。たまたま銀座に行く用事があり、その狂騒振りを目の当たりにしたが、ちょっと信じられない光景だった。
 近くを通ったのは、昼過ぎ。テレビのニュースで徹夜で並んでいるという報道を目にしていたため、多少は混雑しているだろうぐらいに思っていたら、入店するまで実に二時間以上待ち。延々と長蛇の列が続いている。それでも並んで入ろうというのだから、物見高いというよりは、マスコミに踊らされている結果であろう。周りには、店のビルの写真を携帯電話で撮っている男女もたくさんいた。若い子ばかりではなく、中高年のおじさんも携帯電話をかざしている。一体写真を撮ってどうするのだろう。知り合いにメールして自慢したいのだろうか。みっともない姿だ。
 日本人は横並び主義で付和雷同しやすいといわれ、ちょっとテレビでタレントが「この店がおいしい」と推奨すると、その店には行列ができてしまう。しかも、料理が出てきたら、携帯電話でパシャパシャ。下品このうえない。これも、誰かが流行らせたのだろう。
 ニューヨークの証券大手・リーマンブラザースが倒産した。日本にも悪い影響を及ぼすのは間違いないのに、H&M店のオープンに浮かれたり、総裁選遊説を称して仲良くバスに相乗りし、笑顔を振りまいている姿は、危機感ゼロ。この国は、落ちるところまで落ちるしかないのかもしれない。
[PR]

by wordweb | 2008-09-16 09:22 | 頑固一筆

やっぱり   

 福田のび太首相のマジック興行は、ますます絶好調のようだ。陰の演出家は誰かわからないが、麻生氏が手を挙げたあとに、与謝野氏、さらに、小池女史や石原氏、さらには、軍事オタクの石波前防衛大臣、テレビ好きの山本一太氏までが出馬の名乗りを上げた。最終的にどうなるかはともかく、安部、福田と2世議員のトップが途中で投げ出したにもかかわらず、麻生は吉田元首相の孫だし、石原、石波、山本の各氏も2世議員。いずれもボンボン育ちで、言動が紙のように軽いが、小池女史ともども派閥のボスクラスが20人の推薦人を割り当てているというから、テレビ映りのよい若手を担ぎ出し、いっそう観客(国民)の耳目を集めようとの魂胆であろう。早くもマスコミは報道合戦を繰り広げており、すでにその効果は出ている。
 その一方で、のび太首相は相変わらずだんまりを決め込んでいる。下手に喋るなと釘をさされているに違いない。あの鉄面皮な顔をテレビで見ていると、国の利益よりも自民党の利益を優先したことに少しも恥じらいを覚えていないようだ。こんな人物が一国の宰相だったとは、情けないかぎりである。
[PR]

by wordweb | 2008-09-05 18:52 | 頑固一筆

案の定   

 昨日、福田マジックの話を書いたが、案の定と言うか、共同通信社の緊急電話調査の結果によれば、支持する政権の枠組みについての問いに対して、「自民党中心」が「民主党中心」を逆転し、衆議院比例での投票についても、自民党が民主党を上回った。見事にマジックがはまり、自民党の描いたシナリオどおりに今のところ運んでいる。
 見え透いたマジックならタネがすぐにバレて、観客(国民)はしらけてしまうだろうが、のび太首相は会見後マスコミなどの取材をいっさい拒否し、マジック効果を先延ばしするために、手の内をいっさい見せない戦術に出た。これもなかなか巧妙だ。
 マスコミに批判されても、蛙の面に何とやらで、知らぬ顔を決め込んでおけば、そのうち話題は総裁選へ移っていく。勝てば官軍。選挙で多数を取れば、郵政選挙と一緒で、あとは誰が何を言っても後の祭り。実に計算されつくした作戦だ。
 この戦略を立てた人物は、マスコミ操作に長けていると同時に、日本人の心理をよくよく熟知している策士に違いない。策士策に溺れる結果になるのかどうかは今後を見てみないとわからないが、うまくいくようであれば、日本の先行きは暗い。
[PR]

by wordweb | 2008-09-04 11:12 | 頑固一筆

福田マジック   

 いずれ辞めるだろうと思っていたが、意外に早かった。福田首相の退陣劇が、である。
 もともと、福田首相には、自らの手で乾坤一擲の解散を打って出るほどの決断力も、気骨も、度胸もあるようには思えなかったが、この時期に退陣するとは想定外だった。しかし、民主党の党首選びのこの時期に辞任をぶつけてきたのは、ある意味、計算したうえでのことと考えると納得できる。
 マスコミでは、「安部前首相に続く二度の政権放り投げは、自民党にとって打撃だ」と論調しているが、あれは建前論。自民党議員がテレビに出て殊勝な顔でお詫びしているのも、いわば演出。考えるまでもなく、権力を握っているものは凡人が考える以上にしたたかで、唯々諾々とそれを手放すほどお人よしではあるまい。
 福田首相がずるずる居座って解散に追い込まれるのは、自民党には最悪のシナリオ。それよりは、いま退陣して華々しく総裁選をやり、マスコミに大々的に取り上げてもらえば、放り投げによる負のイメージ以上に、国民の関心は新総裁・新首相に移っていく。その熱が冷めないうちに解散して選挙に勝つと読んでの今回の辞任劇と見ると、やれ麻生だ、小池だ、石原だと騒いでいるマスコミの報道に、福田首相は「してやったり」とほくそ笑んでいるに違いない。
 民主党議員の引き抜きに続いての福田マジック。権力を維持するためなら、そうしたサプライズを含めてあらゆる手を打ってくるのが自民党であり、だからこそ戦後ずっと政権の座にありつづけたわけだ。見事にはまって自民党が選挙に勝利すれば、勲一等は福田首相ということになろう。怖い話だ。
 
[PR]

by wordweb | 2008-09-03 16:42 | 頑固一筆