<   2008年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧   

アフガンの土   

 ペシャワール会の伊藤和也さんが、活動先のアフガニスタンで殺されるという悲劇が起きた。ODAなどのひも付きの援助ではなく、伊藤さんらペシャワール会のメンバーは、貧しい地元民のために、井戸を掘り、潅漑を施し、農業を指導するなど、共に汗を流してきたにもかかわらず、である。
 以前、イラクで拉致され、政府の交渉などで釈放された日本人男女に対して、首相が音頭を取って、国民、マスコミによるバッシングの嵐が吹き荒れたが、今回はそうしたこともなく、比較的冷静な受け止め方だった。ペシャワール会の活動が、それだけ日本国内でも高く評価されているからであろう。また、アフガン人に対する感情的な非難が少ないのもホッとする。
 アフガンは、旧ソ連や米国(を中心とする多国籍軍)に翻弄され、何十年と断続的に戦争状態が続いている。落ち着いた暮らしなど望むべくもなく、経済は最悪。まずは戦争をやめて、荒廃した国土と人心の回復をはからないことには、アフガンの土となった伊藤さんの遺志も実現できないのではないか。日本政府にその努力をぜひ望みたいが、現状では所詮無理だろうな。
[PR]

by wordweb | 2008-09-01 17:33 | 頑固一筆