RECRUIT 正社員募集   

ワードでは、新たに編集スタッフを募集いたします。奮ってご応募ください。

職種
書籍・雑誌・パンフレット等の企画・編集ならびに企業等へのプレゼンテーションをお任せします。

雇用形態
正社員

給与・待遇
年俸240万円 ※未経験新卒者の場合
各種社会保険完備
交通費全額支給

勤務地
京都市中京区六角室町東入骨屋町143
G&Gビル3F

勤務時間
9:30~18:00

休日休暇
土日祝、夏期休暇、年末年始休暇、GW休暇、有給休暇、慶弔休暇
※年間休日120日以上

応募資格
4年制大学卒
普通自動車運転免許

応募方法
まずは履歴書(可能な方は作品のコピー等)を京都オフィスまでご郵送ください。
書類選考通過の方のみ面接のご連絡を差し上げます。
応募書類のご返却は致しませんのでご了承ください。

転職サイトDODA(デューダ)からの応募はこちら
[PR]

# by wordweb | 2011-02-07 13:34 | お知らせ

[作品紹介]『宇宙・環境・動物のしごと』   

c0147705_12554410.gif『人気の職業早わかり! 宇宙・環境・動物のしごと』
PHP研究所編 1,365円(本体価格1,300円)

人気の職業をイラストでわかりやすく紹介する〈人気の職業早わかり!〉シリーズ第2弾! 本書では、自然や生き物にふれるしごとをテーマに、気象予報士や天文学者、お花屋さん、自然保護官、野菜農家、ペットショップスタッフ、獣医師、酪農家など、さまざまな職業を取りあげました。インタビューでは、現役で活躍しているプロのみなさんに、そのしごとに就いたきっかけややりがい、これからその職業をめざす小学生へのアドバイスなどをお話しいただいています。
[PR]

# by WORDWEB | 2010-12-27 12:56 | 作品紹介

[作品紹介]『料理・旅行・スポーツのしごと』   

c0147705_14415350.gif『人気の職業早わかり! 料理・旅行・スポーツのしごと』
PHP研究所編 1,365円(本体価格1,300円)

人気の職業のしごとのようすをイラストでわかりやすく紹介する〈人気の職業早わかり!〉シリーズ第1弾! 本書では、料理や旅行、乗り物、スポーツにかかわる職業を集めました。しごとの内容やその職業への就き方はもちろん、しごとに使うアイテムやしごとばのようす、各分野で活躍しているプロへのインタビューも収録しています。将来の職業に興味をもつお子さんへのプレゼントにもぴったりの一冊です。
[PR]

# by wordweb | 2010-12-24 14:46 | 作品紹介

イイダ傘店の受注展示会にいってきました   

週末ひさびさに恵文社一乗寺店を訪れました。ギャラリーアンフェールをのぞくと、かわいらしい日傘の展示をやっています。毎年、春と秋に恒例となっているイイダ傘店による展示受注会でした。

このイイダ傘店の傘は、蒼井優ちゃんなんかが撮影の小道具として使っていたりもするそうで、素材や刺繍などのつくりにもたいへんこだわっています。東京や京都、福岡など、限られた場所でそれぞれ1週間だけの展示受注会をおなっていて、オーダーできる機会はほかにありません。ホームページでも受け付けていますが、それも期間限定で、ある時期の1週間だけだそうです。春の日傘の受注展は12日の月曜日でおわってしまいました。でも秋にはこんどは雨傘が登場します。たのしみです。

ミシンを入れたDMのデザインが手づくり感にあふれていてすてきでした。また展示では傘の絵柄のモチーフを使ったミニぬりえがもらえて、これも二種の糸を使って背をミシンで縫って中綴じ製本していました。モチーフはポストカードにもなっていて、気に入った食パン柄のものを1枚、おみやげに買って帰りました…

くわしくはイイダ傘店のホームページでどうぞ。
[PR]

# by wordweb | 2010-04-13 12:26 | 骨屋町IT新聞

天神川ぞいのさくらを撮りました   

c0147705_1115071.jpg
春ですねえ。
[PR]

# by wordweb | 2010-04-08 11:02 | 骨屋町IT新聞

七葉のクローバー   

c0147705_10585722.jpg
絵事典の監修でお世話になっている栗岡先生から、おどろきの写真が送られてきました。
なんと、七葉のクローバーです。
五葉の花言葉は「経済的繁栄」、六葉は「名声」、七葉のクローバーは「無限の幸福」だそう。
四葉よりたくさんのクローバーがあるというのは、これまで考えてもみませんでしたが…

先生が校長を務める明石北高等学校ではtwitterを活用しているとのことで、きょう(4月7日)の日経の夕刊に取り上げられていました。公的な「つぶやき」増殖、との記事です。

明石北高のアカウントはこちら http://twitter.com/meihoku

先生に監修いただいた書籍はこちら
http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-68777-3

こちらもおすすめ! http://www.amazon.co.jp/dp/4343005577
[PR]

# by wordweb | 2010-04-08 11:01 | 骨屋町IT新聞

[作品紹介] 化石・恐竜の大研究   

c0147705_11395058.gif『なぞにせまる! 化石・恐竜の大研究 生命の記録を読みとこう』
国立科学博物館生命進化史研究グループ主幹・冨田幸光監修 PHP研究所 2,940円 (本体価格2,800円)

アンモナイトや恐竜など、大昔の生物について教えてくれる化石。本書では、化石はどのようにしてできたのか、化石にはどのようなものがあるのかといった基礎知識から、恐竜の名前や体、暮らしについてのなぞ、実際に化石発掘にチャレンジするときのポイントなどを紹介します。迫力満点のイラストを楽しみながら、生命の歴史に興味をもつきっかけとなる1冊です。
[PR]

# by wordweb | 2010-01-05 11:43 | 作品紹介

『2さいのなぁに?』   

c0147705_1605455.gif『2さいのなぁに?』 
井戸ゆかり監修
PHP研究所
本体価格:1,200円(税込1,260円)




2歳は、ぐんと世界が広がる年齢。
虫や、花や、動物、乗り物、
色や、友だち、いろ~んなであいから、
ことばをどんどん吸収していきます。
そんな2歳さんにおススメの本ができました。

ふくだとしおさんの描くおはなし「てぶくろ」も掲載emoticon-0155-flower.gif
1冊で絵本数冊分のコンテンツです♪
こどもの発育について、井戸ゆかり先生のやさしいアドバイスもついてますemoticon-0152-heart.gif
[PR]

# by wordweb | 2009-08-20 16:16 | 作品紹介

[作品紹介]『体においしい野菜づくり』 PHPビジュアル実用BOOKSシリーズ   

c0147705_10525072.gif『はじめてでも失敗しない! 体においしい野菜づくり コンテナでかんたん収穫』
藤田 智著 PHP研究所 定価:1,470円(税込)

野菜を手づくりしてみたいけれど、近くに畑がないから……と、あきらめてはいませんか。本書ではテレビ番組の野菜づくり講師としても人気の著者が、ベランダやキッチンで挑戦できる野菜のコンテナ栽培をわかりやすく紹介しています。自分で栽培した野菜を収穫し、食べる喜びは、なにものにもかえがたいもの。日々生長する野菜に元気をもらいながら、体においしい野菜づくりに楽しくチャレンジできる1冊です。
[PR]

# by wordweb | 2009-04-15 10:54 | 作品紹介

【書評】京都人の京案内   

京都から東京に越してきてから、
しばしば京都好きの方とお会いする。
当方がかの地出身ということに話が及べば、
まず「おすすめの場所を教えてください!」という質問が出る。
これがなかなか答えに窮するのである。

そもそも京都の観光スポットにほとんど行ったことがないのだ。
栃木県民がみな日光東照宮に詳しいか、
沖縄県民はみな毎日海へ出かけるのかというのと同様、
住んでいた界隈から中心部あたりまでならともかく、
金閣銀閣、清水さんやお東さんといった有名な寺社にも
1,2度行ったことがあるかどうか。
むしろ質問者のほうが寺社の名前をよく知っていることも普通で、
面目ない思いをするうえに、
「よう知ってはりますなぁ……教えることあらしまへん」
などという対応しては
「これが京都の“イケズ”かしら!?」
などと思われかねず、いつも苦慮している。

そりゃ、お気に入りスポットはいろいろある。
近所の神社のキッチュなお供養や念仏踊り、
お気に入りカフェの裏メニュー、
東山を一望できるガラス張りの展望室、
四条烏丸のど真ん中にある無人のあずま屋……エトセトラエトセトラ。
しかしそれらはいずれも個人的な生活に密着したお気に入りであって、
新幹線代を払って京都という一大観光地に行くという人に
勧めるに足る場所ではないだろう。

本書は京都人が集まって
自分の持てる知識をよそさんに披露してくれるという趣。
地元民にとっての「あたりまえ」を含め、
京都人ならではの視点を交えながら、
京の見どころを案内してくれている。
随所にはさまれた京都人気質の解説も気に入った。
これをよく読んでおけば、涼しい顔して京案内ができるではないか。
今後、ツウな京都好きにはこの本を勧めることにしよう。
京都人および小生の取扱説明書にもなるかもしれない!?

c0147705_12511063.gif
京都ゆうゆう倶楽部著
PHP文庫/2008年8月刊
[PR]

# by wordweb | 2009-02-17 12:54 | 東京・半蔵門通信