5月18日は「言葉の日」   

みなさん、昨日は「言葉の日」でした。知ってましたか?
来年から5月18日は、ワードで何かイベントをしましょうか。
日本語って、京都弁って味がありますよね。昨日は日本に、京都に生まれたことに感謝した一日でした。
言葉の中でも、わたしは特に歌詞に刺激されることが多くあります。(おざやんとかぶるぅ)
最近グッときたのは、まっきーの『どんなときも。』(誰ですか、笑ってるのは!)
ヒットした当時(わたしは大学生)に聴いたのとは全く違った解釈ができて、感動度もアップして、自分でも驚きました。年を重ねるのも、案外いいものですよ。
言葉を発信するスキルだけではなくて、言葉を受け取る“心”も、頑張って磨いていかないとな、と思います。(ま)

*さて次は、「自分が年を感じる一瞬」を教えてください!東京の(れ)さん、お願いします!
[PR]

# by wordweb | 2008-05-19 13:02 | 京都日記

ご挨拶   

はじめまして、WORD東京オフィスの(さ)でございます。
WORD東京オフィスからは初投稿です。
東京にオフィスが開設されて、早5年半。
もうすっかり東京の新名所として、都民の皆様からご支持をいただいております。
もちろん嘘。いや新名所というのがですよ。
支持はそれなりにいただいています、たぶん。
と言うわけで、これから定期的(いや不定期)に、ブログという場をお借りして、
ここ東京・半蔵門からさまざまな情報を発信してまいります。
情報を発信すると言えば、新宿とか渋谷とか小竹向原とかでしょうが(どこだ?)、
半蔵門から発信するというのがミソです。
オフィスが半蔵門にあるということ以外に、とくに意味はありません。
と言うことで、これからもよろしくお願いいたします。
まずはご挨拶まで。

業務連絡:(も)さんへ
こんなんでいいんですかね?
[PR]

# by wordweb | 2008-05-16 19:34 | 東京・半蔵門通信

インターネット利用、携帯からがパソコンの1.5倍   

ミクシィの2007年度決算、売上高が100億円を突破し増収増益という記事がありました。国内最大のSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)「mixi」の笠原社長は、フォーブスが5月7日に発表した「日本の富豪40人」にランクインして話題になったばかり。ユーザー数が1,400万人をこえ、サービス面では「そろそろ頭打ち」とか「厭きた」というユーザーの声もちらほら聞こえてきていますが、ビジネスとしてはまだまだ成長中のようです。

この記事でおどろいたのは、売上げの数字ではなくて、
月間ページビューはPC経由が約54億、携帯電話経由が約83億と順調に拡大
というところ。携帯電話経由がパソコンの1.5倍もあるとは、知りませんでした。調べてみると、インターネット利用に関しては2005年末時点ですでに逆転の現象が起きていたそうで(総務省調査、携帯からのネット利用がパソコンを上回る)、mixiに限らず、すでに一般的な流れのようです。

また、最近の女子中学生の携帯の使い方という記事には、
・パケホーダイじゃない子はほとんどいないのでは
・通話はほとんどしない
・Softbank の子は例外で、家に着いた途端彼や友達と通話しっぱなしにする。しゃべらないで、ゴソゴソとか音だけを流してるぽい
・mixi は年齢を 18 歳と詐称してやってる子も多い
・1 日 100 通くらいメールしてる
などとあり、最近の若い子はさぞかし親指が進化してるんだろうなあ、という感じです。携帯電話の貧弱なインターフェイスをよくそこまでがんばって使うなあ、と。でも相手によって言葉遣い変えます、携帯メールの新ソフトというオムロン発のニュースには
「さ」と入力すれば、春なら「桜」、冬は「サンタクロース」などの変換候補が上位に出てくる。送信相手を「恋人」「上司」などに登録しておけば、「ありがと●(●はハートマーク)」「ありがとうございました」など、立場に合わせた言葉遣いを提案してもくれる。

新ソフトは季節や時刻にあわせて表示する。また文中で「昨日」を使えば文末を選ぶ際「でした」「だった」などの過去形表現が上位に。悲しい内容のあとには泣き顔の絵文字を表示するなど、文脈を判断する機能もある。
ということで、ますます使いやすくなっていくようです。携帯電話はどんどん進化しているのだなあ、というお話でした。
[PR]

# by wordweb | 2008-05-15 17:30 | 骨屋町IT新聞

[作品紹介]心をつかむ接客マナー   

『心をつかむ接客マナー お客さまを主役にする瞬間』
髙岡よしみ著 PHP研究所 定価:1,400円(税別)

元ファッションモデルの経歴をもち、有名企業や一流ブランドショップなどで講演活動や企業研修を行なっている著者が、ワンランク上の接客マナーをレクチャー。美しい姿勢や立ち居振舞いから、基本的なビジネスマナー、品格ある接客まで、お客さまに好印象を与える上質なサービスを紹介します。この1冊をマスターすれば、接客のプロにふさわしい品格あるマナーが身につき、売上アップまちがいなし!
[PR]

# by wordweb | 2008-05-02 11:50 | 作品紹介

[作品紹介]身近な科学の大研究   

『理科が楽しくなる! 身近な科学の大研究 生活のなかの「なぜ」を解決しよう』
栗岡誠司監修 PHP研究所 定価:2,940円(税込)

「洗剤はなぜ汚れを落とすの?」「リンゴをむいて置いておくとなぜ茶色くなるの?」「地震はなぜ起こる?」「ろうそくが燃えるのはどうして?」など、日々の生活で身近にあるもののしくみを科学的に紹介。掃除・洗濯・料理の場面や、子どもたちが遊んでいる場面など、日常生活の中で遭遇する不思議な現象をきっかけにして、科学の面白さや科学的な考え方がわかる絵事典です。
[PR]

# by wordweb | 2008-04-30 11:57 | 作品紹介

[作品紹介]なりたい職業ガイドブック (2)   

『「得意」から見つけるなりたい職業ガイドブック (2)』
PHP研究所編 定価:2,940円 (税込)

「できる」「やりたい」をキーワードに、いろいろな職業を紹介。その仕事につくためにやっておいたほうがよい勉強や、とっておきたい資格、修業や訓練をする場などがわかります。
[PR]

# by wordweb | 2008-03-25 14:40 | 作品紹介

[作品紹介] フィルとパムかぞえてみよう1・2・3   

『フィルとパム かぞえてみよう 1・2・3』
ファビエンヌ・テイセードル著、ひがし かずこ訳 PHP研究所 定価:1,260円(税込)

フィルとパムはレオンおじさんとふねのたびにしゅっぱつ。でも…あれれ、レオンおじさんがいなくなっちゃった! おじさんをさがしながら1から10のかずをかぞえていきます。
[PR]

# by wordweb | 2008-03-25 14:38 | 作品紹介

[作品紹介]覚悟の経営   

『覚悟の経営 逆境の中にこそ成功のヒントがある』
有村佳子著 PHP研究所 定価:1,300円(税別)

鹿児島県指宿市にある指宿ロイヤルホテルを経営する著者が、自身の壮絶な人生をもとに綴った人生哲学と経営論。壮大な夢を追い求める病弱な夫との結婚生活、頑固な父親との確執、そして、夫の死後に手を延ばしてきた乗っ取り屋との闘い。涙しつつ、勇気づけられる1冊です。
[PR]

# by wordweb | 2007-12-05 17:09 | 作品紹介

[作品紹介]血液型性格事典   

『「あの人って、どうしてそうなのか?」が分かる 血液型性格事典』
NPO法人 血液型人間科学研究センター監修 PHP研究所 定価:1,200円(税別)

たかが血液型、されど血液型。血液型研究の第一人者・能見正比古氏の正統を受け継ぐNPO法人 血液型人間科学研究センターが監修した血液型本で、恋愛、相性、仕事、家庭、金運、健康などがこれ1冊でわかります。合コンでのツールにも必携。
[PR]

# by wordweb | 2007-12-04 17:09 | 作品紹介

WORD STAFF BLOG について   

ウェブサイトのリニューアルにあわせて、スタッフブログをはじめました。
WORD STAFF BLOGでは、わたしたちが編集・デザインを手がけた作品の紹介、WORDからのお知らせなどを掲載いたします。

   *   *   *

WORDは、出版物・印刷物の制作を総合的に手がける、
編集・デザインのプロダクションです。


書籍・雑誌を中心に、社史や記念誌、カタログ、パンフレット、広告など、多岐にわたる分野をサポートいたします。企画・構成から、取材、原稿執筆、デザイン、DTP組版、校正まで、制作を一貫してお任せください。

WORDのウェブサイトはこちら
[PR]

# by wordweb | 2007-12-01 11:52 | お知らせ